« 今後の見通し | トップページ | 悪天候 »

2007年9月 5日 (水)

猫と針

キャラメルボックス2007 チャレンジシアターVol.5
猫と針

作/恩田陸  演出/横内謙介

出演/岡田達也 坂口理恵 前田綾 石原善暢
久保田浩

俳優座劇場

 

うーん、色んな意味でもう一息、かも。個人的にも好みの雰囲気の芝居だったので、より惜しい。もっと面白いお芝居になる筈なのにな、というのが正直な感想なんですが。
そのもうちょっとがかみ合ったら、全然違う緊張感のお芝居に化けるのでは、と思われるのが、もったいない~。

以下、ネタばれ含むです。

 

例えば電車のホームなんていうごく普通の日常風景でも、喪服の人物が何人か固まっていると、もうそれだけでその空間はどこか「違う」という感じがしたりしますが。
そんな喪服の人々の会話から、物語は始まっていきます。

芝居としてジャンル分けをするのならば、心理劇というか、サンペンスというところでしょうか。
彼らは高校時代の同級生同士であり、本物の葬式の帰りらしい。近況報告や思い出話から、実は撮影の為に集まったのだ、と状況が捻じれてゆく過程、その挙句、それぞれの人物が気持ちの裏側で、何を考えていたのか、までが捻じれていくシチュエーションは、とても面白かったですよ。その脚本の構成は、大変好みだったし、中盤まではいい感じだったのだが。

問題は、その後、ですかね。舞台上に現れないもうひとりの登場人物の存在、色々と妄想を膨らませていった先で得体の知れない何かのように膨れ上がった人物像としての彼が、白だったのか、黒だったのか、ということがあの描写からは判然としなかった、というのが、まずひとつ。

で、彼が全く本当に「いい人」だった、つまり犯人と言われるような人間は、少なくともそれはこの舞台上の人物の中にいるという訳ではなく、むしろそれぞれの気持ちの内部にこそ、闇と呼ばれるようなものが存在するのだと。でも、それさえ飲み込んで日常は流れて行くんだ、というまとめであった、と私は思ったのですが。

それをさらにひっくり返して、その日常から取り残されたたった独り、その孤独を描くのであれば、それはもう一息であったなあと。

んで、それをどう対策するのか、なのですが。

やはり恩田陸さんが書いた文章、という特徴を考えれば、演劇的会話部分と、人物の内側を描いた文学的文章的な日本語表現は違っていたと思うのです。
それは言わばセリフと、ト書きや朗読の違いのようなものですよね。その微妙なニュアンス、言葉の流れとか間とかいうもので表現される筈の違いが、いまいち演じ分けられていないという印象でした。これがきちんと切り替えられていたら、もっとそのシーンが、緊張するシーンなのか、緩めるシーンなのかが、分かりやすかったのではないかと思うんですけど。

何というか。物凄く曖昧な部分の問題ですよね。なのでこう、ちょっとしたかみ合わせが上手くいったなら、全然違うのではないかと思われたんですよ。それが凄くもったいなかったなあ。
芝居全体の流れが、直前までぐぐっときて盛り上がって、ここというところでぷしゅっと空気が抜けちゃっような感じ、ああ、やっぱ書いててもったいない。

セリフや芝居全体を流れで音楽的に認識するっていうのは、あんまり一般的な感覚ではないとは思うんですけど~。でもせっかくチェロが伴奏としてついているのだから、それに乗せた芝居の流れというのが、あっても良かったんじゃないのかなあ、と。BGMとは違う、緊張感を共有するコンチェルトのように、音楽が存在出来たら良かったですね。

公演日程はもう少しありますので、今後の盛り上がりに是非期待したいです。

 

|

« 今後の見通し | トップページ | 悪天候 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 猫と針:

» 猫と針 [Classic moving Cafe]
人はその場にいない人の話をする [続きを読む]

受信: 2007年9月 7日 (金) 08:12

« 今後の見通し | トップページ | 悪天候 »