« ぶどう | トップページ | ペルシャ文明展 »

2006年9月19日 (火)

魔界転生

魔界転生

原作/山田風太郎
脚本・演出/G2

出演/中村橋之助 成宮寛貴 他

新橋演舞場

 

実は前評判をあまりいい感じには聞いていなかったもので、やや警戒気味に見たところもあるのですが。いえいえ、非常に面白かったです。正統派大劇場の芝居と、小劇場系の親近感が絶妙のバランスでミックスされている、という感じ。痛快娯楽芝居でした。

 

映画版「魔界転生」は大変有名ですが、個人的にはそれほど印象に残ってなかったりして。SFXスペクタクルとジュリー、ぐらいしか覚えてないんですけど、もっとずっと人間ドラマなんですよね。

それぞれの人物が等身大に、でも個性的に描き出されているあたりは、やはり原作山田風太郎の威力なのでしょうか。あり得ない設定の中で、ごく普通の人間が息づいている。悪役の誰もが思わず親近感を持てるところとか。でもしっかり見せ場もあるしね。
こういうストーリーだとやっぱ悪役の方がおいしかったりします。比較するとどうしても、正義の味方の筈の柳生側の皆さんの存在感の方が、やや薄味になっちゃうんですよ。悪役のくせに、それだけ皆さんカッコいいんだ、これが。

申し訳ないですが、主に期待してなかったのは成宮くんなんですけど、え、上手かったですよ。「救世主」として祭り上げられた天草四郎の苦悩あたりは、大迫力でした。最前列だったんで、目の前で堪能~。えと、台詞はあまりに難しいところがあったので、そこだけはまあ大目に見るってことで。

そしてさすが橋之助は、動いている廻り舞台をぐるぐる移動しながら、よくあれだけ殺陣がこなせますね。ていうかすいません、こなし切れてなかったところもあったりしましたが。
歌舞伎の立ち回りとJAC系の殺陣とは、やっぱちょっと違うかも~。

|

« ぶどう | トップページ | ペルシャ文明展 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 魔界転生:

« ぶどう | トップページ | ペルシャ文明展 »